So-net無料ブログ作成
  [増やす~株式ノウハウ]

株主優待のタダ取り(逆日歩で失敗編)|お金の貯め方を考えるブログ

みなさん、株主優待タダでゲットしてますか?
ツナギ売りしてますか?
しかし、ツナギ売りでは信用売りをする必要があります。
ただ、信用売りで痛いのが、逆日歩です。

ちょうど、先月末(2012.10)に優待タダ取りを狙った所、逆日歩がついて失敗してしまったのでご紹介しましょう。



逆日歩のリスクや、株主優待のタダ取りについては、以前の記事を参考にしてください。


逆日歩がついてしまったのは、以下の銘柄です。

 7640 トップカルチャー
  書籍・レンタルDVDのTSUTAYAを経営する会社。
  株主優待は、レンタル優待券2000円分or図書カード1000円分

逆日歩はトータル1800円でした(泣)。
それでも、レンタル優待券をもらえば、トントンです。
トントンかぁ・・・(遠い目



さて、気を取り直して、株価データから、経緯を見ていきましょう。
まず、優待権利確定日前後のチャートです。

トップカルチャーチャート.JPG

権利落ち日の10/27に、株価が急落しています。
つなぎ売りをしていなければ5000円(300株)ほどの損失でした。
急落の理由は、権利落ちによる決済売りだそうです(ソースは日経)。

さらに、信用残数のデータを見ていきましょう(同じく日経)。

日付逆日歩(円)貸株残(株)融資残(株)コメント
10/24(水)0.0583,90016,400まだ[信用売り残<信用買い残]。
10/25(木)0.05155,8007,600この日に信用売りが逆転。
10/26(金)権利確定日6.00355,6006,900信用残が倍増。逆日歩発生。
10/29(月)権利落ち日1.50132,40011,000決済売りで株価急落。信用残低下。

権利確定日をまたいで、貸株=信用売りが倍増しました。
倍増の理由は、権利落ち日の下落を狙った売り浴びせでしょう。
さすがに逆日歩がついて、次の日には元の水準に戻っています。

ここから、失敗の原因は、以下のものが考えられます。
 ・銘柄の株主優待が有名すぎた(売り方に狙われた)。
 ・たくさんの人が優待タダ取りのつなぎ売り。みんなで逆日歩くらった。
 ・忙しさにかまけて、確定日前の貸借情報を追っていなかった。

ひとえに、有名な株主優待に需要が殺到したせいであるといえます。

 “オススメされる株主優待には気をつけろ!”

こんなところでしょうか。
雑誌やサイトで紹介されている人気銘柄には、気をつける必要がありそうです。



ちなみに、資金に余裕があったので、他の銘柄もタダ取り狙っていきました。

 10月の優待銘柄
  ・パーク24(タイムズ駐車場チケット2000円分)
  ・東建コーポレーション(3000円相当ギフトセット)
  ・泉州電業(図書カード1000円分)

これらの銘柄は、逆日歩なしで済みました。
おかげで、トータルでは黒字です。
株主優待タダ取りが広まりつつある昨今、ある程度のポートフォリオも必要かもしれません。

以上、逆日歩がついた失敗例でした。



ところで、株式の記事は、どうもみなさんに人気があるようです。
今後、機をみて書いていきたいと思います。
ご要望ありましたら、コメントどうぞ。

証券口座のお申し込みはハピタス経由がオススメです。
ハピタスはこれくらい儲かります
ハピタスへの登録は、下のバナーからどうぞ(登録無料)。 いまなら、紹介ポイントもらえます。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

この記事をお気に召したら、1クリックだけお願いします。
ブログのランキング維持にご協力ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。